« 2009年6月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

みんなちょっと変態

サモアで地震があって大学から津波警報が出た。
僕の町はむかし津波で壊滅したことがあるので、みな敏感だ。
サモア人 生きろ。生きろ。
こういうのに速攻で対応する組織あればいいのに。
地球のどっかで災害発生したらとにかく最速で駆け付けて助けれるだけ助けるような。
自衛隊さんとかどうですか? とにかく最速、てのがポイント。
たまたま日本人に産まれた人以外も衛ればカッコいいぜ。
名前は「ニコニコお助け隊エガオン」あたりでいかがでしょうか。



ペプシが今年はあずき味を出すそうで。
ペプシマン→ペプシきゅうり→ペプしそ→ペプシあずき
どこに向かっているんだろうか。次は魚介か中華がくる気がする。
ペプシさんまとか。あるいはペプシホットであったか〜いとか。



ティムバートンすげえ。ハロウィーンバートン。

Timburtonfashion100903de








































Timburtonfashion100904de_2







































これがセンスという例のアレか。おみそれしました。

Tim Burton Halloween Fashion






リンク増やしました。

上海、東京、蘇州、サンフラ、そんでもってロス

オレはOOさんに似てるね、って言われたこと無かったけど、
似てるOOとして初めて名前出されたやつのブログ。顔じゃなくて中身ね。
オレのアメリカ一個目の大学で唯一いまでも連絡してるやつです。
この人以上に刺激的でありたい、です。

〜青春の日々〜

天才。斎藤潤系統。ネット上では言えないところに所属。
SWATとか探偵事務所とか、その辺のイメージ。
なにが天才かって、その思考の浮遊、そして発想の飛躍。適応力。

釣りばかホイホイ

ぼくのお父さんのブログ。
釣りのことしか書いてないのにぼくのよりおもしろい。
いまアクセスしたら一つ目の記事がキンタマの話で、コーヒー吹いた。むせた。






| | コメント (3) | トラックバック (0)

きょいきょい/いんぐりもんぐり

ドラゴンボール一気読みした。
20090925_162737


















へろへろ、きょいきょい、いんぐりもんぐりってなんだ。
だれかぼくにいんぐりもんぐりしてくれ!!
(ものすごいエッチなことだったらどうしよう)

20090925_162424













このベジータさんのポーズ、今日学校で10回くらいやってやった。
尊敬する人はベジータです。


いまとなりのソファにいる少年(推定10歳)が、背もたれ部分に対面で正座し、体を押し付けながらiPodでゲームしつつ、iPodを噛んでいる。たぶん噛むならイカとかのほうがいい。

学校で、触らしてくれる猫と久しぶりに再開した。
何もあげるもんとかないのに撫でさせてくれてしばらくほこほこした。




まんがのはなし

国立メディア芸術総合センターのことを書いて、何日か漫画づいている。
くそブログながらちょこっと反響があって、知らない人からメールとかコメントいただき、
いろんなサイトめぐって漫画の記事読んでみた。
そしてもうちょい書きたくなった。ぼくはただの漫画好きで、政治的なアレとかソレはまったくもって無いので、ご了承ください。

違和感を感じたのは、「日本の」漫画を守れ!という流れだ。
日本のことが大好きな方々が後ろについているような気がする。
漫画と、歌舞伎とか三味線のような伝統芸能を同列で扱っている。

日本の漫画がいま世界でぶっちぎりで1番なのは間違いないけども、
ごめんなさい。僕はそれが今後2番になろうが100番になろうが、
なに人が描いていようが、本当にどうでもいい。
どうでもあるのは、おもしろいかどうかだけだ。コンテンツ、中身だ。
音楽と同じで、分けるべきジャンルはつまんねー作品とおもしれー作品の二種類だけだ。
表現の手段はそれ以上でもそれ以下でもない。

ただ、漫画に表現できることは巨大なようで、
三味線が世界中の表現者たちに採用されることはなさそうだけど、
漫画は世界中の表現者たちに採用される可能性がある。
その表現方法を発展させたのが日本、それだけだ。
誇っていいのは作ってきた人と作ってる人だけで、
「すごいだろ!」って言ってる人(ぼくとか気持ち悪いひとたち)自身はなんにもすごくない。

きっと将来、漫画という表現方法が世界中に広がって、
アフリカの鳥山明とか、イギリスの萩尾望都、が出てくるだろう。
日本より多数の漫画家を持つ国もきっと出る。人口が多い国にはきっと敵わんでしょう。
それって、漫画読みならめちゃくちゃ楽しみなのでは?

そこでじゃあ、何十年後か何百年後か知らんがそのとき、「漫画というメディアの世界での発展の記録係」というのが日本に、漫画のお父さんとして出来ることなんじゃないか。
そのために、やっぱしメディア芸術総合センター作ろう。
日本が一番のうちにさ。

おわり。

この記事おもしろいよ!クールジャパン「マンガ」

これ読んでみたい。

吉本隆明/全マンガ論 吉本隆明/全マンガ論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

風凪ぐ町は遼か

Yahoo!Japanのトピックスエディターになった。

Cap111




変な緑で囲まれてるとこをいじれるようになりますた。
ハナクソほじりながら簡単な試験受けて、抽選に当たっただけ。
頭いい中学生なら余裕でなれる。
wikipediaと併せてカエルと恐竜トピックス中心に活動だ。

来月あたりチャリンコでハワイ島一周する。珍しく、誘われた二人旅。
四国の半分の大きさの島だから大したことないでしょう。
予想は全行程で4-500キロくらい。目標は週末3日間ということに。
何人か達成した人は知ってるけど、webで見つけれた記事は京大の狂ったチャリサークルだけだったので、おもしろくなりそうだったら書こうと思います。

 

こないだ知って、どうしても書かずにはいられないことがある。
韓国語で水餃子はチンマンドゥという。いかがわしいお店か。
チンでマンでDoだなんて、全日本語スピーカーが一発で覚えることうけあいだ。
韓国語は「こんにちは。お腹がすきました」しか言えなかったけど、語彙が増えた。
これからは「お腹すいた、水餃子!」って言える。水餃子食べたい。

がらりとここからつまらないはなし。

国立メディア芸術総合センターが建たない
(私は日本でこの計画がどう報道されているか知らない。日本にいないし。ただ批判されているらしい、ということは知っている。)
この決定は非常にとんでもない。断言する。

日本がいま「唯一」世界から注目されているのは、漫画アニメゲーム等のコンテンツだ。
私の周りには、宮崎駿を絶賛し、カウボーイビーバップに憧れて
「日本行ったらジブリ美術館と、まんだらけ行くんだ!」なんて言ってんのがゴロゴロいる。私はいままでアメリカの4つの大学で授業をとったことがあるけど、
どの大学にも「Japanese Comics」とか「History of Japanese Animation」
みたいなクラスがあるし、環境倫理のクラスではもれなく「もののけ姫」が使われる。

残念ながら現在の資本主義経済が続くと仮定して、
唯一競争力をキープしている、そしてこれからもできるかも、
ってのがこういうコンテンツ産業だ。
忘れるなかれハリウッドの市場をはるかに凌いでいるんだぞ。

もっとわかりやすく言おう。コンテンツは国家の上にくるべきだ。
ワンピースで、オハラの学者が本を湖に投げこむ場面がある。それと全く同じだ。
国家も国益も国民もあくまで二の次だ。
日本という国がなくなった日にも、日本でできたコンテンツは残る。
コンテンツは未来の礎となる。国家は別に…だ。
古代エジプトは滅びたけど彼らの太陽暦も医学も数学も、燦然と残っているじゃないか。

たとえばアメリカ終了してもスミソニアン博物館は残る。間違いない。
日本は幸運にも、メディア芸術それだけでスミソニアン博物館ができる。
そんな国は世界で他にひとつもない。ひとつもだ。
どれだけ天下られようが、箱物だろうが、絶対に作るべきだ。

(本当にどうでもいいけど、子供手当てに[毎年]5兆5千億必要で、その財源にメディア芸術センター廃止、って言ってるけど、メディア芸術センターの予算は一回こっきりの117億円で、5兆4千883億円足りないなあ…おかしいなあ…)

続きを読む "風凪ぐ町は遼か"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

世界は素晴らしくおだやかだ!

昨日のパーティはカクテルだった。あるカクテルを作るのが目的だった。
その名もAdios Mother-Fucker。さようならマザーファッカー。
ぼくの敬愛する料理人サンジ君なら「あばよクソ野郎ども」と言うだろう。
それを飲んだら(現世から)オサラバだぜ、ということだ。

Zspxkv0k5no6o7u2ejy4wrlho1_500




























ソフドリみたいな見た目で、実際甘い。
だが実態はキョ−レツである。

レシピ

1/2 oz ウォッカ
1/2 oz ラム
1/2 oz テキーラ
1/2 oz ジン
1/2 oz ブルーキュラソー
2 oz サワー・ミックス (レモンジュースでよい、今回は省略)
2 oz セブンアップ

ウォッカラムテキーラジン、どの愛好者にも対応できる夢のような一杯だ。
いたれりつくせりだ。節操がない、と責められたら言い返す言葉も無い。

僕はお酒が飲める方なので、オサラバせずに済んだけども、確かに効いた。
ちょっと味見しただけの子は、すごく楽しくなっていた。

もっとすごい、書けないくらいひどい名前のカクテルもあるみたいなので、
ぜひともそのうち挑戦したいところだ。

いたれりつくせり、と節操がない、って同じ?
どっちも結構気持ちが悪い。最高級のサービスが毎日続いたらそれは嫌だ。
カツ丼は相当いたれりつくせりだけど、毎日は食えない、みたいな。

続きを読む "世界は素晴らしくおだやかだ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちむちむりー

9人襲ったクマが射殺された。クマは一人も殺してないのに。
死ぬときはできればクマと闘って死にたいので、
どうしたらクマが人と闘う気になってくれるのかが知りたい。
ニュースはいつも肝心なことを教えてくれない。

はやく野生動物たちが徒党を組んで人間社会をぶちこわせ。


クレしんのおもいで

クレしんの作者が山の中で死体ごっこしてるとこみつかったらしい。
たぶん天国で♪パニックバニックパニックみんなが騒いでる〜♪
って笑ってるでしょう。
いま腰が痛くてケツだけ星人できないのが悔しい。

まつざか先生の彼氏がテロに巻き込まれて死ぬあたりからは読んでないから、
最近の事情は知らないけど、結構いろいろ覚えてる。
映画が評価されてるけど、クレしんは漫画こそが至高だと思う。

ひろしとみさえがやってて、夜のプロレスごっこのことを知ったし、
受付のおねいさんの首筋にあって、キスマークを知った。
小学生のぼくに読むなって言わないで一緒に読んでた母は偉大だ。
オレも子供が産まれたらさりげなく本棚に入れておこうと思う。

それとなんといっても、地獄のセールスレディ売間久里代(うりまくりよ)だ。

勤めていた会社(まゆつば社)が倒産。その際、魚介類の叩き売りを、熊などの動物相手に成功させている。登場する際はラジカセで映画『ターミネーター』のBGMを流しながら登場し、自分についての解説を独り言で言う。

ネーミングも設定も天才的である。まゆつば社て。
死んだことでクレしんを思い出したり再放送されたりで、
悲しい人よりも笑う人が増えれば、ギャグ漫画家の最期としてはこれ以上ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝って返せば分からない

一期一会って言葉は、いい出会いは一学期に一回ぐらいですよ、
ていう意味なんじゃないか。
少ないような、多いような。

ハワイではみんなが大好き、スパムむすび。
のSPAMの商品名の由来、ぼくはSuPer hAMだと思ってたんだけど、
SPiced hAMが正解らしい。
日本で食べたらおいしくないのにハワイで食べたらおいしいんです。
親がスパム工場勤務の友達は、その家で誰もが絶対に食べない、って言ってた。


すごくいろんなジャンルの音楽があるけど、
中高年以上のひとたちって、あんまり音楽聴いてないような気がしません?
イメージだけど、せいぜい紅白とか、ナントカ歌合戦、みたいなの観るくらい。

でも、何十年も積極的に音楽聴いてなくても、
その何十年も前に聴いたり歌ったりしてた音楽は、どっかに残ってるみたいで、
伴奏がかかると、歌えたんだって。
そこでやった曲全部、歌えたんだって。嬉しそうに。

さっき母から聞いた、俺のおばあちゃんの話でした。
介護認定を受けれて、デイサービスの施設に見学に行ったんだと。

おばあちゃんが歌ってるとこなんか全然見たことなかったから、
音楽とおばあちゃんがあんまり結びつかなかったんだけども、

この話はシビれた。



もう誰から聞いた話だったかも忘れたけど、

川で遊んでた父さんと少年がいたんだって。
そんで少年は夢中になっちゃって、流れの強いとこに行っちゃって溺れた。
少年は何がなんだかわからなくなって、パニック状態で流されて行く。
お父さんは流されてく少年の横走りながら、叫んだ。

きみはおよげるんだぞ!!!

少年は本当は泳ぎが得意で、父さんの叫びがそれを自覚させた。
落ち着きを取り戻した少年は岸まで泳いで、助かった。

父さん飛び込めよ!と思うかも知んないけど、
たくさんたくさん人が溺れてたら、多くの人を救うのは、
きっとこの父さんの叫びの方だ。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふる〜いってみよう!

こないだまでのルーミーが、東京で新型インフルにかかった。
本当に流行っているんだな。
なんと言っても、ウイルスの変化するスピードはものすごく速い、というのが恐ろしい。 

どの虫にも強力な効果:万能防虫剤は「死の匂い」 原文 
ホームステイしている黒いブリを追い出すには、
死んだ彼らをつぶしたものを置いておくのがいいみたい。 

ゴキブリからイモムシまで、昆虫は死んだ際にすべて、ある特定の臭いのする脂肪酸の組み合わせを放出することを、科学者が発見した。この不吉な臭いに出会うと、どの虫も一目散に逃げ出すのだという。

「来るなキケン」て信号を残して死ぬなんて、義理堅い奴らだ。
先日見つけた靴箱で死んでるやつはそのまま放置しておこう。 
知りたくないのに、彼らについてどんどん詳しくなっていく。
100%嫌い、は100%好き、と近いような。
自分の嫌いなやつのことって、妙に詳しい。
彼ヲ知リ己ヲ知レバ、百戦シテ殆ウカラズって孫子さんが言ってた。   

ビートルズのリマスタ版、すごくいい。 テクノロジーってすごい。
ストーンズとかでも出ればいいのに。

今オレがビートルズのデビューしたときの年齢と同じ。
敵わん!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

納税は国民の義務です!(キリッ)

千葉県不正経理事件、を今日知った。

県警全95部署の85%の80部署、全庁規模だと401部署の96%の383部署が、
ずーっと組織的に税金30億円をこっそりお小遣いにしてらっしゃった。

96%が悪いヤツ、って、フリーザ一派よりも悪いヤツ率高いじゃないか。
悪いヤツ捕まえるお巡りさんのうち85%が悪いヤツ、ってそれなんて西部映画?
安土桃山時代なら一揆で皆殺しの上晒し首だろ。県庁舎爆破してもいいレベル。
どうせ96%は悪いヤツなんだし、爆薬の有効な使い道の一つでしょう。

普通の会社員が2円さい銭泥棒したら実名報道でクビになって前科つくのに、
なんでみんなで30億使って数人しか逮捕されないのはなんでだぜ?
共犯のみんなは何の制裁もなくそのまま勤務で退職金もらえるのはなんでだぜ?
どう考えても他の県でもやってんのに、
他県でガンガン捜査開始しないし内部告発もないのはなんでだぜ?

県庁で働いてる程度の人材なんかいくらでもいるんだから、
全員失業者にすればいいのに!
千葉県庁舎をそのまま刑務所にして使えばいいんじゃないかな!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蠅の王すげえ 

さおりさんに教わって日本から出る当日に買った。
今年一番やばかった。もれなくおすすめです。

蠅の王 (集英社文庫)

蠅の王 (集英社文庫)

著者:ウィリアム・ゴールディング

蠅の王 (集英社文庫)

世界は戦争で、少年達は飛行機の故障で孤島に流れ着き、生活を始める。
少年の漂流記、閉鎖空間での少年集団、ていう飽きる程あるモチーフだけど、
蠅の王、これがダントツですごい。そらノーベル賞もとるわい。
人はどの時点で「大人」を獲得するのか、そもそも獲得するものなのか。
なにが大人、なにが秩序なのか。

少年の描写もすげー好み。
少年だったことがある人にしかできないかんじ。

文学は簡単な言葉で書かれてこそ。
小6が読めるくらいでしょうか。




氷河期世代(1971年-1981年生まれ)
プレッシャー世代( 1982年~1987年生まれ)
ゆとり世代(1987年4月2日以降生まれ)

ですって。どれもひどいけど、俺の1986年、ひどい。プレッシャー世代。
自分何世代なんだろう、と思って調べたらガッカリだ。
もっとインパクトのある名前にして欲しくて考えてみた。

僕らは、最後のエロ本世代だ。
僕らより年代が上の男子はエロ本一辺倒、つまり静止画の連続でローティーンを過ごし、
僕らの下の男子はネット媒体やDVDにお世話になっている。
今19歳のある若者は「最低限、動画じゃないといかがなものかと思います」と言った。
なんてこった。
僕らの世代が、彼ら異文化を繋ぐ架け橋世代となり得る。
僕らは、メディアの移り変わりの大波に翻弄されつつも、両者の長所を汲んできた。
媒体に関わらず、作品の持つ期待値に対して最大限レスポンスできる。
カフカは言った。
 「生の瓦礫のうちからのい自由がめざめ 
  かかる瓦礫のうちにのみ人間は生きることができる」

かかる瓦礫が、廃れゆくエロ本の象徴する静止画像、そして伴う想像力だ。

気づいているか
書架に勇姿をみせなくなる雑誌達の叫びに
孤独の痛さに堪え切った雑誌達の叫びに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あしたはビーチ

ビートルズのリマスタ版を買った。
一枚だけ、と思ってAbbey Roadを選んだ。
日本では一枚3000円超のカブトムシ特価だけど、こちらでは13ドルだ。

Abbey Roadを聴きながら読むのは、高村光太郎。何て贅沢な土曜日なんだ。
高村の詩集は初めてLAに行ったときに持って行っていて、
そのときを思い出した。
響く詩はあのときよりも多く、少しは僕の幅が広がったのかもしれない。

ああ、おれは身ぶるひする、
無に等しい事のたのもしさよ。
無をさへ滅した
必然の瀰漫よ。
(火星が出てゐる。)

びまん、って書けるようになりました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

かく

こんにちは。ハワイからです。

アップデートしたfirefoxさんがココログのIDとパスワード忘れてしまい、
一時はもう二度と投稿できないと思った。

ダメもとでココログさんのカスタマーサービスにメールしてみたら、
ちょっと時間かかったけども本人確認して調べてくれた。

一連の流れが素晴らしい対応だった。
お客様センターの対応がいい企業が、いい企業、っていう社会になればいいのに。
数字を上手に弄って業績を良さげに見せられる企業、よりも感じいいと思うんだけどなあ。

授業中に、教科書に載っている内容はほとんど触れずに、
自分の研究の話をするか、生徒からの質問に答える、っていう教授がいる。
試験問題は教科書から出るから、授業には出なくてもいい。

でも、みんな来てる。面白いから。でも自分の研究の話って、要するに仕事の話だ。

自分の仕事の話をして、それで若い奴らに「おもしろ!」って聞いてもらえるのは、すごい。
できれば、そんなふうになりたい。
そんな大人が周りに多ければ、子供は、早く大人になりたい!って思う、の、で、は…?
だって、お仕事って、大変そうなんだもの。

僕の大学にはサモアからの留学生がわりといる。
やつらは、シャイだ。でもなんとなく日本が好きぽくて、うれしい。
僕のサモアのイメージは、…ラグビーが強い、以上だ。
でも向こうの日本のイメージも、「コリアンチキンっておいしいよねー」ってレベルだ。
なんで日本好きなの?って聞いてみた。「だってODAいっぱいくれるし…」
あげてもあげても日本のこと嫌いな国よりは、こういう国にあげたい。

どうでもいいけどサモアの地名ってかわいくて、オフ、とかウポル、トゥトゥイラ、とかだ。
ナメック語みたいなので、もしや、と思って、タッカラプト ポッポルンガ プピリット パロ!って言ったけど通じなかった。


今年のハロウィーンはタイムリーに行きたい。
いよいよ来月公開の「Where the wild things are」のコスプレだ。

F0039379_1951590











































一応言うと、小さい方のコスプレがしたい。
裁縫を得意としている方、ご一報ください。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年10月 »