« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

タイトルなんているか?

Kame Photo_3

Iru I Ka

Kame2

Photo_5

イルカと泳いできた。カメ仙人とも。

最後の写真に写ってる犬は猛烈にイルカと遊んでた。

完全に自分も仲間だと思い込んでる感じ。

飼い主さんが何回呼んでも陸に戻ってこないので、しびれを切らして迎えに行ってた。

きみは犬なんだよ。って言ってもダメだった。

さて、イルカの話をしよう。

カウアイで彼らが泳いでるのは見たけど、一緒に泳ぐのは初めての体験だ。

「イルカと泳ぐのが夢です!」なんてキラキラ思ったことはなかったけど、死ぬ前に一回くらいやっときたいな、くらいのモチベーションはあった。

本屋さんに行く時くらいにはワクワクしていたと思う。

結果、もう100回くらいやりたくなった。と言うか、今すぐにでも行きたい。

何がすごいか、を落ち着いてまとめてみる。

コミュニケーションが取れるのがすごい。

犬とか猫とかと遊ぶときみたいに、こっちの動きにレスポンスしてくる。

これは高校のとき教室でこっそり飼ってたグッピーには期待できなかった。

3枚目の写真に葉っぱが写り込んでる、これで遊べる。

これを僕が持って潜って、手から離す、そしたら彼らはそれ突っついたり取り合ったりする。

したらそれを「これもっかい持って潜ればー?」って言いながら、

彼らが遊んでるのを浮いて見ている僕のとこに持ってくるのだ。

犬が「コレ投げて投げて!!」ってオモチャを持ってくるのと同じだ。

更に更に、潜ってきりもみ回転して見せたら、

「そんなんオレだってできるもんねホラーっ!」ってマネしてくる。

これは、ハマるぞ。

人間と親友になれるのは犬くらいだと思ってたけど、イルカも追加だ。

あと、なんか喋ってるあいつら。

もちろん何言ってるかはノストラダムスの四行詩くらい理解不能だけど、

確実になんか喋ってる。キュイキュイ言ってる。

彼らがその気になれば人間なんかあっさり殺して食ってばっくれられるから、

「こいつらこんなにはしゃいじゃってアホだなー」「そうじゃのー」

くらいのことは喋ってるかもしんない。

「こないだ奄美の海のよし子が子供産んだんだってー」「えーマジでー」

かもしんない。

そして、彼らはどういうわけか人間にやさしい。ように思える。

イルカはは仲間内でチビをリンチしたり、小型の別種のイルカを群れで殺す残虐性も持っている。

イルカに殺された人間だっている。

だけども人間のことを、基本的には遊び相手として認めてくれるのは、すごい。

人間だってイルカもクジラも食うから、「そういえば食ったらそこそこ旨いんだよな」

とは陸に上がってしばらくしてから思った。

お互いに「その気になったら食えるけど、わざわざ食うもんでもないよね」

と思いながら遊んでるわけだ。

最後に、ジャンプできるのがすごい。

上に向かって大ジャンプしながら、きりもみ回転をかましてくる。

ああいう技は僕も好きだ。やりたい。

人間は常人だと落ちながらしか回転できない。

上昇しながら、下降しながら、ぐるぐる回る感じは、どんなだろうか。

続きを読む "タイトルなんているか?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

南十字星

| | コメント (0) | トラックバック (0)

again

I got a trailer of "Where The Wild Things Are" ,which is so insane!! The monsters in it look like how a monster must look like. Im pretty sure the wild things in this movie kill Pokemon, playing up to good kids and girls. If the wild things and Pokemon existed in same days, Pokemon would go out of stylel. I know Dragon Ball was reped, but this wont i believe. What I feel sth sad is the music. It doesnt fit perfectly for the story.    ;

「かいじゅうたちのいるところ」の予告見つけた。原作の方の絵柄がものすごく好きなんだけど、こちらの映像もとても好きだ。

このかいじゅう達と朝まで踊り明かしたい。

夏学期が始まった。毎日の朝8時からの授業を一回も休まなかった自分に驚きだ。

この一ヶ月が終わったら論文書くのが上手になってる、と思うとちょっと頑張れるような。

このあいだ仔猫を拾い損ねた。道路を渡ろうとしていた4匹の仔猫だ。

ホットドックくらいの大きさで、そりゃもうかわいくて、触らしてくれた。

「帰りがけに一匹拾おう」と思っていたら、帰り道では一匹が既に車に敷かれていた。

おそらく目の前できょうだいを失った3匹は、どこかに姿を消していた。

ここから学ぶことは、「見つけたらすぐ拾え」 ということ。

助けりゃいいんだよ。見つけちゃったんだから。

どうせ飼えないからと拾うこともできなかっただろう、例えば小学生のときの僕は、

アパート住みで飼えないのは分かってるけどウルセエ拾ってしまえと思っている今の僕に、

なんと言うだろうか。

小さくてフモフモとしたものがいる生活に身を置けるようになりたい。

「お金じゃ幸せは買えないよ」という人達は、きっと仔猫と仔犬のことを忘れていると思う。

ペットショップで幸せは最低ひとつ、買える。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Where The Wild Things Are   

Wherethewildthingsareposter

61nfqhsa54l_sl500_aa240_


















Muchos gracias! Only the poster is completely blowing me away today. (I had a lot of shit to do for crazy summer classes anyway) My gosh... this kicks some serious ass. The excitement inside me is now pouring out my d**k. The greatest book, "Where The Wild Things Are",which I introduced before, is going to hit the big screen!!!! This is definitely one movie Ive been actually excited for. Since I met the book, the story has been fascinating me.  I read this book about only a trillion times. Nothing can describe how thrilled I am for  the release of this film.
Mmmmmm, Ok, let me shout again,, OH MY GOOOOOOD!!!!!!!

興奮して漏らしそうだ。「かいじゅうたちのいるところ」が映画化だ。
公開は今年の秋だから、日本で公開されるのはもうちょっと後かな。
主人公のマックスはもうちょっと悪ガキぽい顔をイメージしてたけど、
将来イケメン確定してるこの子も100点だ。
僕が以前から欲しい欲しいと騒いでいる狼スーツの再現性も100%
やっぱり欲しい。

 

 

Wtwta9



Wtwta5

 

 

 

 

Wtwta8

















Wtwta1_2

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトル無し

今日で期末試験が終わりだ。
あと4時間で始まって、8時間後には終る。
自宅よりスタバにいる時間の方が長いのってどうよ。

それならブログなんか書かないでシャカリキ勉強しろよ、と思う
でも自分のために、文章をねじ出す。

22歳になって確信したから言うけど、僕は俗にいう集中力が欠如している。
もう断言してしまう。ないものはない。障害って診断されるかもしれない。
一つのことに意識を集められるのは10-15分が限界だ。
この長さは一曲を聴くのには十分だし、文章から物語の一幕を頭に描くにも事足りる。
だけども教室で50分間授業に集中する、という内臓CPUの使い方はできない。
頭のなかでいくつかのことを同時に進行させていて、
でもそれは皆さんが仰るやり方とは違うので、それが良くないことのような気がしてきた。
勉強に、練習に、思考に集中するのが全ての基本と信仰されている。
あれ、できないぞ、と気づいてから10年くらいはやろうとしてきたけど、
やっぱりできないから中立的に分析してみた。
結果、僕には、作業の同時進行が合っている。
こういう人、他にも割といるんじゃないか。

今は、「I Am the Walrus」の入ったアルバムを聴きながら、
一昨日読んでた「火の鳥 未来編」を映像化して、
有機溶媒の仕組みをぼんやり確認しながら、
ノート黒くしてジュラ紀の中期ドッガー内の各時代のスペルを覚えている(見た目のメイン)。
今日テスト終ったらビーチバレーしよう、とか
やたらと背中が痛いのはなんでだろう、とか他にもごちゃごちゃ考えている。
「3月のライオン」読んでからずっと、実家の犬に会いたい。とか。

集中してないからといって、メインの作業の効率は悪化せず、むしろ良い。
PCで、同時に何個もアプリケーション動かしておくようなもんなんじゃないか、
と捉えることにした。
一つのジョブに集中しなくていいんだよ、と許された気分だ。

日本語で考えているのか、英語で考えているのか、概念で考えているのか、
それはよくわからない。

(それぞれの言語の特性に依るものだと思うけど、
思考する言語でまちがいなく人格は変わる。
英語は文法から学んだせいか、より論理的に、断定的な性格だと思う。)


昨日の「ほぼ日」で谷川俊太郎が質問の答えとして自分の詩を紹介してた。

『遠い国はおぼろだが/宇宙は鼻の先

住所は村ではない 町でも県でも国ですらない
住所はこの惑星 そして銀河系』
以上

毛布に包まって探る、思考のどこまでも先のところと、
朝焼けの月の奥の奥の奥が、つながっている

そんな気がすることは確かにある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ごめいふく。

忌野清志郎師匠が亡くなった…。アイルトン・セナの命日の翌日に。

子供のとき見た時には、変な服来て変な歌歌ってる変態だと思った。

思春期の後見たら声でガツンと殴られた感じだった。

今は日本のロッカーで一番カッコいい人だと思う。

今日は朝までyoutubeとニコニコで動画を見ます。

ヨボヨボじいさんになって歌う清志郎のライブ行きたかった。

サンボマスター×忌野清志郎 スローバラード

スローバラードのベストセッション

 

続きを読む "ごめいふく。"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

鯉のあらえ

料理名が命令形。鯉のあらえ。
焼け肉。かつおのたたけ。なんだか威勢がいい感じだ。
新鮮な鯉とそれを洗うためのフィンガーボウル的なものが出てくるイメージ。
運んでくるのはきっと江戸っ子だ。「お待ちどう、鯉でぇ!思う存分あらいやがれ!」
どこかの町おこしでありそう。佐賀とか徳島とか栃木とかの存在感薄いとこ。なさそう。


豚インフルが頑張っている。
人口調整のために某国の政治団体と宗教団体が研究しているウイルスの第一弾だ。
彼らの目的は人が飢餓で死なない社会作りで、そのためにはまずは人口を減らし、あわよくば人口分布のバランスを正そうとしているのだ。
10億人が餓えに苦しむ世界なんぞ、根本から正してしまえ。というのが彼らの正義である。

っていうことがあってもおかしくないと思う。どうだろう。

100人以上が死んでる疫病よりも、毎日3-4万人死んでいるアフリカをなんとかしてやりたいですね。現状の責任はアフリカ諸国の政府にあると思うけども、死んでいくめんこいガキンチョたちに責任はないよ。アフリカは食糧と同時にコンドームもなんとかしなきゃな。

とりあえず、みんなインフルに気をつけて!

Cimg0039













気をつけて!!

ビールを飲み干さないと手が自由にならないイジメの写真。ハワイ原住民の伝統的な歓迎の儀式。

このブログで書いてなかったけど、マウナケア、登るの成功してました。

Cimg0752












頂上ではなくビジターステーションまで。標高は2800mくらい。海からなので0mから登った。1月なのでもう3ヶ月くらい前になってしまった。

最後の方は空気が薄くなって息切れが凄くて、思考に回す酸素なら脚を動かそうと思ってペダルを踏んで、クラクラしてなんだかよく分からないまま着いた。

でも最後のストレートで迎えに来てくれた友達を見たら涙が出た。よくわからん涙だったけど、そこに理由を求めるのは粋じゃない。

雨季と頂上に雪があるのと膝が痛いのを理由に頂上へのトライはストップしてたけども、そろそろまたやってみよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »