« イースター  | トップページ | 神様よりもイチローのほうが神そして佐藤秀峰 »

Listen to the sound of the earth turning  

長崎の桜と石川の桜が見れました。ありがとうございます。しあわせだ。引き続きよろしくお願いします。

暖かいとこの桜は勢いがある。わきあがってくるみたいだ。

 

1

Photo

 

 

 

石川と長崎。多いよ花が多いよ。
さくらなんちゃら、っていう曲、多分100曲はあるんだろうけど,一番は「桜のころ」by甲本ヒロト&坂本龍一だ。

そういえば僕はさくらんぼも好きなんだった。米産の黒いやつもいいけど、日本の佐藤錦とかが食べたい。
果物や米にブランドをつける、という発想はアメリカにまだ浸透していないようだ。
梨はjapanese pearという名前で売っているけど、そもそも日本には思いつくだけでも二十世紀、豊水、幸水、南水とかがあって、それぞれ違う。

これらは当然品種改良で作られてるもので、その現象は遺伝子の人工的な操作だ。
品種改良で生まれている作物はスルーで、遺伝子組み換え食品が問題になった時代がずっと前にあったような気もする。遺伝子の組み換えをはじめとしたバイオテクノロジーは、環境問題にも、よりよい健康にも、絶対にプラスに働く。特に温暖化しかりの環境問題は、このような科学の力無しには解決しないだろう。

今日スーパーで売ってた弁当にウケて買った。

Photo_2








チキンの半身のローストが米の上に乗っかってる弁当。言うまでもなく大きい。なんたって半身のチキンだ。ニワトリを縦に半分だ。
ハワイ州では「BENTO」はもはや英語で、誰に言っても通じる。大学のカフェテリアでもコンビニでも売ってる。
見た目に関して言うと、大同小異「茶色ければ茶色いほど良い」と思っている節がある。
日本でこんな弁当を思春期の女の子に持たせたら、口を聞いてくれなくなる。正直男でもきつい。開いて閉じてもっかい開けての二度見だ。友達に見られないように隠して食いたいけど、フタが無いから隠せない。どうしよう、トイレで食おうか、と悩むところだ。おにぎりだけの方がまだましだ。これを笑い飛ばしてくれる友人は良い友人だと思う。
だいたいフォークとナイフが欲しくなる弁当なんて、どうかしているじゃないか。
これは極端な例だけど、この土地の弁当は本当に茶色い。ごはんの上にハンバーグとフライドチキンとスパムとソーセージとフライドフィッシュ、みたいなのが平均的な弁当だ。
アメリカで「キャラ弁」が現れるのを待っていたら、あと1000年はかかるだろう。
そのころには戦争もきっと終っている。Img_0386

















キャラ弁、どんどんすごくなってる気がする。超かわいい。
これは誇るべき日本の文化のひとつ。日本のオカンすごい。

昨日「BAKUMAN」読みました。
もう大場つぐみ=ガモウひろしって言うのはもうオープンになったんだなー。
僕はDEATH NOTEは持ってないけどラッキーマンは全部持ってました。
何百万人もの漫画読みがdeath noteでガモウに踊らされたわけだ。
「death noteやばい超やばい」とか言ってた人、ざまーみろ!
「BAKUMANN」の下の部分隠すと「RAKIIMAN」(ラッキーマン)になるのすげえ。

|

« イースター  | トップページ | 神様よりもイチローのほうが神そして佐藤秀峰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083052/29129334

この記事へのトラックバック一覧です: Listen to the sound of the earth turning  :

« イースター  | トップページ | 神様よりもイチローのほうが神そして佐藤秀峰 »